山崎ハコと森田童子

20代の一時期、ハマったのが山崎ハコと森田童子。
私の数少ないコンサート行きの中に、この二人がいます。

画像1957年生まれの52才。18才でデビューした山崎ハコは、150cmの小柄な体で声量豊かに自作の曲を歌い上げる。
デビューアルバム「飛・び・ま・す」、もちろん買いました。

1998年に所属事務所が倒産したことで、一時期ホームレスにも近い極貧生活をしていたこともあるらしいけど、最近また復帰して地道な活動をしているそうです。







森田童子は1952年生まれの57才。こちらも1975年、アルバム「グッドバイ」でデビュー。





この二人の共通点、やはり「暗い」。負のオーラに包まれている。
ということは、私もそのオーラに吸い寄せられたんですかね。

いや~、それにしても懐かしい。
「負の青春?」がよみがえってきますなぁ。